現代においては、男の身だしなみとして髭剃りは当たり前の文化として根付いています。
しかし、それと同時に起きる肌のトラブルに悩まされると言う人も多いのではないでしょうか。
男性にとって、スキンケアとは女性よりも遠い存在です。
ただ、髭剃りを行う事によって肌が傷付けられるため、しっかりとケアしなくてはならないのが今の時代です。
肌のケアはナルシストでも自己満足でもなく、相手に不快感を与えないエチケットの一つでもあり、社会人も意識したい部分です。
それでは、トラブルの種類と原因について見て行きましょう。

「剃り方が下手」

肌を傷つけるのは髭剃りの刃ですが、それを操作するのは自分自身です。
誰に教わるでもない髭剃りの使用方法ですが、乱暴に扱ってしまっている人は少なくありません。
朝の忙しい時間帯にサッと済ませたいからと言って、素早く滑らせるのはもちろんNGとなります。
毛が濃いからと言って、肌に押し付けるようなやり方もしてはいけません。
ある程度の妥協点を見つけ、優しく丁寧に扱う事を重視しましょう。

「刃を洗浄していない」

髭剃りは刃を直接肌に当てる事になるため、特に清潔でなくてはなりません。
ただでさえ刃で傷付けられた肌に菌が浸透すれば、肌荒れが加速する事は容易に想像できます。
少しでも肌のトラブルを防ぐなら、まずは刃の部分を洗っておきましょう。
専用の洗浄剤も売っていますが、殺菌消毒できる手荒い洗浄のソープでも構いません。
ただ水洗いするだけでなく、殺菌すると言うのがポイントになります。
定期的に洗う事を心掛けましょう。
また、水滴が残っていると菌の繁殖を助長させてしまうため、使用後に十分に拭き取る事も大切です。

「体質的に肌が弱い」

どんな対策をしても、必ず髭剃り後に肌が荒れてしまうと言う人は一定数存在します。
他の原因も当然考えられるのですが、この場合は肌が元々弱い体質であると諦めるしかありません。
しかし、肌を保護するシェービング剤やローションと併用すればトラブルが解消すると言う例もあります。
様々な関連商品があるので、色々なものを試してみることから始めましょう。
肌の弱い方は、とにかく優しく滑らせる、圧力をかけない剃り方が重要になります。

「保湿は忘れずに」

いくつか対策方法を紹介しましたが、シェービング後のローションで肌を保湿する事は忘れないようにして下さい。
大きなダメージを受けた肌も、このケア一つで全く違ってきます。
ローションを片手に、肌トラブルの解消を目指しましょう。

こちらも参考にしてみてください⇒髭剃り負け

関連記事